読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんか書く日記

なんか書いていくゆるい日記です。意識高くない。

熊本地震の日を振り返ってみる

何書こうかなーと思ったんだけど、

いまさらだけど、熊本地震の日を振り返って、書き残してみることにしました。

 

熊本地震とよばれる地震、つまり、熊本県益城町震源として「2016年4月14日 21時26分頃」と「2016年4月16日 1時25分頃」に起きた、震度7地震です。

当時私は、益城町のとなりの熊本市にいました。(隣と言っても結構熊本市が広いので遠いんですけど)

地震の記録を見てみると、私の住んでいた地域は、1回目(4月14日21時半頃)が震度5強で、2回目(16日1時半頃)が震度6強だったみたいです。

 

いま振り返ると、困ったのは食料より、生活水とガスが来ないことだった気がします。自分は、早い段階で、食料がある地域に避難できたというのもありますが。

「備えが大事」とはいうけれども、生活水の備蓄は大変なんじゃないかなーと思います。

懐中電灯を枕元とかに置いとくのはいいと思います。あと靴。眼鏡の人は眼鏡も!

それと、テレビとか、食器とか割れそうな奴はなにか対策をしておくことが大事だと思います。うちはテレビは倒れないようにしてたから無事だったし、食器棚は大してないから何も割れなかったけど、「家とか家具は大丈夫だけど食器が落ちてやばい」って人多かったです。まず食器が割れちゃうみたいです。

 

 

ここからは超長いです。ただの日記。

 

 1回目の地震

1回目の地震の頃は確か、Twitterで東京の地震(震度1とか2)のニュースを見てたときだったような。

なんかいきなり揺れたというか、家や家具がガタガタと音をたてはじめたと思ったら強くなって、「うわ!これ地震!?」って思いました。地震のニュース見てた時だったからか、見た後だったからか、地震だと思うまでは短かったと思います。

とりあえず「地震!?」って思った後は何も考えずに玄関にダッシュしました。”地震のときは、まず逃げ道を確保するためにドアを開ける!”と、小学校のときから避難訓練で教わっていたので、とりあえずドアをあけました。(ドアが開かなくなる場合があるからです)

出ようとしたけど慌てて出るのも危ないと思ってとどまりました。外寒いのにタンクトップだったし。

その後は、結構大きめの余震が続いてたので、すぐ出れるように玄関にとどまっていました。

会社や友達からLINEがたくさん来て、みんなで「大丈夫!?」っていいながら玄関ですごしていたら、3時間か4時間ぐらいたってました。

一人暮らしだったからすごく心細かったけど、LINEでみんなでやりとりしてると、安心できました。人と話すのとか、話せなくてもこうやってメールでもなんでもいいから話すのって大事だなあって思いました。

でもいざ寝るとなると一人だとこわくて、夜中2時頃家を出て、避難所となっている小学校の体育館へ…。夜中2時だというのに、歩いてる人は多くて、「あー、みんな寝れないんだなー」って思いました。途中の公園とかお店の駐車場には、車中泊らしき車がたくさんいました。

体育館では寒かったり地震で揺れたりしてほぼ寝れなかったですw大きい揺れが来るとじゃっかん周りの人がざわってなってた…。

1日目は体育館でそのまま過ごしました。

 

 (つづくかも)